株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

PALTEKが後場急伸、車両AI評価キットを共同開発◇  6月08日12時54分

 PALTEK<7587.T>が後場カイ気配となっている。正午ごろ、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652.T>などと共同で、農業機械や建設機械、搬送ロボット向けにAIによる安全・遠隔・自動化ソリューション開発を促進する車両AI EVK(評価キット)を開発したと発表しており、これが好感されている。

 今回開発した車両AI EVKは、機器をネットワークやワイヤレスにつなげるハード・ソフトウェアの技術を核とした研究開発型企業のサイレックス・テクノロジー(京都府精華町)が提供する働く車向け映像対応CAN/無線LANブリッジ「GDM-3250」と、PALTEKが提供するDMPのAIプロセッサIP「ZIA DV720」を搭載した「ZIA C3 Kit」を連携させたもので、車両の自動搬送の開発をサポートするという。PALTEKではきょう受注を開始し、7月から順次出荷する予定としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位にナノキャリア
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で一段高
<個人投資家の予想> 06月08日 12時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »