株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スペインビールの魅力【ウェブトラベル コラム】  6月08日16時36分

スペインのお酒というと、日本ではワインやサングリアなどがよく知られていますが、ビールもよく飲まれます。スペインでは、地域によって好まれるビールが大きく異なるのが特徴です。

スペインを周遊する旅行者にとっては、とても面白いですね。
例えば・・・・アンダルシアと言えば、なんと言っても「Cruzcampo(クルスカンポ)」。バルに行くと、出てくるのは赤いパッケージが印象的な「クルスカンポ」が多いです。余談ですが、ノンアルコールビールのボトルや缶は、各社青系の色で統一されています。

他には、グラナダ生まれの「Alhambra(アルハンブラ)」。名前がグラナダらしいですね。

次は、マドリッド生まれの「Mahou(マオウ)」。
マドリッド周辺でよく飲まれるマオウは、マオウの中にも「Mahou Clasica(マオウ・クラシカ)」や「Mahou Cinco estrellas(マオウ・シンコ・エストレージャス)」など色々な種類があります。

バルセロナでは「Estrella Damm(エストレージャ・ダム)」。
バルセロナ最王手ブランドで、最も多く飲まれていると言えると思います。

他に、黄色のパッケージが印象的な「Moritz(モリッツ)」は、バルセロナでよく飲まれるビールのようですが、スペイン南部ではほとんど見かけることがありません。やはり地域によって異なるのですね。

他にも「Amstel(アムステル)」は、バレンシアやアリカンテでよく飲まれるビール、サラゴサ生まれの「Ambar(アンバル)」は、アラゴン州エリアで、ガリシア周辺では「Estrella Galicia(エストレージャ・ガリシア)」など、エリアごとでよく飲まれるビールを示した地図もあります(出典:Data Centric)。

また、スーパーに行くと、スーパーのプライベートブランドのビールは、1缶あたり0.30-0.40ユーロ(1缶あたり30-50円前後)なんてこともあります。普通のビールでも、1缶あたり0.60-0.80ユーロ(1缶あたり100円弱)と、日本と比べるととても安いですので、お土産や飲み比べをしてみるのも楽しそうですね。

そして、ビールはちょっと苦手・・・という方におすすめなのが、レモンビールともいわれる「Clara(クララ)」。ビールのレモンソーダ割りです。ビールが苦手な方も楽しめるさっぱりとした味わいです。

ビールに合うおつまみには、オリーブ(Aceitunas/アセイトゥナス)や、写真の黄色いルピナス豆(Altramuces/アルトラムセス)などがよく食べられます。


もうすぐそこまで来ている夏!
バルのテラス席で飲むビールが美味しい季節がやってきます♪

株式会社ウェブトラベル
トラベルコンシェルジュ(スペイン在住)
佐々木 千佳




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »