株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=リバーエレク、5G向け世界最小水晶振動子など注目  6月09日10時04分

 リバーエレテック<6666.T>は上値追い基調を続け、新値圏を走る展開が期待できそうだ。水晶振動子を主力とする電子部品メーカーで、次世代通信規格「5G」向けスマートフォンに対応した水晶振動子の受注拡大が期待される。商品技術力が高く、世界最小クラスのATカット水晶振動子や音叉型水晶振動子で他社と一線を画す。また、直近5日には、使用温度200℃対応のGTカット水晶発振器「GTXO-04」を開発し、既に生産開始していることを発表、自動車向けや通信基地局向けで需要が見込まれ、これも株高を後押しする。

 21年3月期は売上高が前期比24%増収の55億3600万円、最終利益は同3.5倍の3億700万円を計画している。時価総額40億円台と小型株で動き出すと足も速く、2017年6月には368円から855円まで短期間で2倍以上に急騰した実績があるだけに、5G関連株に市場の視線が集まる現在の地合いで人気素地が意識されそうだ。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・8日>(大引け)=MrMax、朝日ネット、ヴィンクスなど
トヨタ、日産など自動車株が売られる、足もと急速な円高で利益確定売り◇
クオールが急伸、医療機関向けにコロナ消毒用オゾン発生器を発売と報じられる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »