株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コインチェック、「Coincheckつみたて」でXEMとQTUMの取り扱いを開始【フィスコ・アルトコインニュース】  6月10日11時31分

日本の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックは9日、「Coincheckつみたて」にて、同日より新たに暗号資産「ネム(XEM)」「クアンタム(QTUM)」の取り扱いを開始すると発表した。加えて、積立上限金額(各通貨の積立金額の合計額)を10万円から100万円に引き上げると発表している。

「Coincheckつみたて」は、日本円の入金から暗号資産の購入までを自動で行うことができるサービス。2019年11月より「ビットコイン(BTC)」のみを取り扱い通貨としてサービスを開始し、2020年4月には「イーサリアム(ETH)」、「リップル(XRP)」、「イーサリアムクラシック(ETC)」、「リスク(LSK)」、「ライトコイン(LTC)」、「ビットコインキャッシュ(BCH)」、「ステラルーメン(XLM)」の7種類のアルトコインの取り扱いを開始した。

今回、顧客から要望の多かった、ネムとクアンタムの取り扱いを開始したことで、取り扱い通貨は10種類となった。取り扱い通貨の増加と積立上限金額の引き上げにより、より顧客の投資スタイルに合わせた長期的な資産形成を目指してもらえるようになったとしている。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「アルトコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »