株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物概況:5日ぶりに反落  6月11日16時09分

11日のマザーズ先物は前日比18.0pt安の1016.0ptと5日ぶりに反落して終了した。高値
1047.0pt、安値は1006.00pt。取引高は10884枚。

本日のマザーズ先物は、朝高で始まったあとは、あすの6月限りの株価指数・オプションの特別清算指数(SQ)算出日を前にした持ち高調整の売りなどが膨らんだ。前日の米国市場で、新型コロナ危機を受けた外出制限が緩和された後も、在宅勤務などの増加でインターネット関連サービスの需要が高まるとも見方から、前日の米国市場ではIT関連株が買われたことや、前日ににぎわったバイオ関連株への資金シフトも継続し、朝方のマザーズ先物は買いが先行して始まった。一時前日比13.0pt高の1047.0ptまで上昇した。その後、あすのSQの絡んだポジション調整売りに225先物が下げ幅を拡大させると、センチメントが悪化し、マザーズ先物にも売りが波及し、一時前日比28.0pt安の1006.0ptまで下落する場面もあった。時間外取引で米株先物が下げ幅を拡大させ、中国などのアジア市場も軟調、日経平均も500円を超える下げとなるなど、リスクオフの動きなっており、市場では「米景気の回復の遅れが世界的に波及し、このまま世界的な株安の流れが続けば、マザーズ先物にも悪影響を及ぼしかねない」との指摘も聞かれた。本日のマザーズ市場では、前日から人気化していたリボミック<4591>、トランスG<2342>のバイオ関連株が急反落し、フルッタ<2586>、メディア<3815>、FRONTEO<2158>も下落した。また、リアルワールド<3691>、ASJ<2351>などが値下がり率上位にランクインした。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »