株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三菱UFJ、パンパシHD、MROなど  6月11日16時38分

<8306> 三菱UFJ 445.9 -23.1大幅続落。前日の米FOMCでは全会一致で、想定通りに金融政策運営の据え置きを決定している。一方、FOMC参加者の圧倒的な多数が、政策金利が2022年末まで現行水準に据え置かれる旨の見通しを提示しており、米債券市場では10年債利回りが前日比0.09%
低下した。つれて、米銀行株は大幅安の展開になり、同社をはじめ国内のメガバンクや保険株などにも売りが波及する形になっている。



<5803> フジクラ 316 -24大幅続落。前日に20年3月期の決算を発表、営業利益は33億円で前期比87.9%減、1-3月期は53億円の赤字に。ガイダンスは非開示。5月25日に修正発表を行っており、決算数値へのサプライズはない。ただ、継続企業の前提に関する重要事象等において金融機関との間で契約している一部のシンジケートローン及びコミットメントライン契約に定められている財務制限条項に抵触としており、財務面への警戒が強まる形に。



<7532> パンパシHD 2276 +68大幅続伸。前日に5月の月次動向を発表している。ドン・キホーテの既存店売上高は前年同月比3.0%減、客単価が同4.7%上昇した一方で客数が同7.4%減少している。ただ、渡航制限の影響でインバウンド需要が消滅している中、想定以上に堅調な売上動向との見方が優勢に。なお、巣ごもり関連商品などが好調で免税店を除いた国内既存店売上高は同7.5%増となっている。



<3064> MRO 4185 +170急伸。前日に5月の月次動向を発表している。月次売上高は前年同月比10.4%増、3月や4月の同20%強増と比較すると伸び率は鈍化しているものの、営業日数調整後ベースではここ2か月と同様の伸び率を確保しているもよう。企業活動低調な中で、底堅い売上推移の継続を評価する動きが優勢に。大企業向けが下振れも個人向けが好調で牽引役となっているようだ。



<3524> 日東網 1513 +153一時ストップ高。前日に20年4月期の決算を発表、営業利益は7.5億円で前期比13.2%
減益、6月4日に下方修正済みである。一方、21年4月期は8.5億円で同13.6%増と2ケタ増益への転換見通しとしており、ポジティブな反応が強まっている。水産事業においては、外出自粛による巣ごもり需要が下支えとして期待されるほか、陸上関連では、防玉ネットやスポーツネットなどが堅調であるもよう。



<6541> グレイス 4865 +205大幅続伸。SBI証券では投資判断「買い」を継続で、目標株価を4000円から6000円にまで引き上げている。テレワーク導入や業務改善のため「業務マニュアル」の見直し依頼が殺到しているほか、営業利益率の改善見通しが小幅であることから計画は保守的とし、収益予想を上方修正しているようだ。21年3月期営業利益は会社計画11.7億円に対して、13.2億円、前期比38.4%増と予想している。



<9743> 丹青社 865 +48大幅高。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は19.7億円で前年同期比4.4%増益となっている。一方、上半期計画は従来予想の30.3億円から25億円に下方修正、新型ウイルスの影響による工事中断や工期変更で、商業施設などの売上が減少の見込みとしている。通期予想、期末配当金は未定に。ただ、下振れ懸念は想定内とみられ、第1四半期末受注残高は前年同期末比21%増と拡大していることなども安心感に。



<4708> りらいあ 1107 -147急反落。顧客との会話を録音した音声データを改ざん・捏造していたことが分かったと一部で報じられている。不正は、電力自由化で東電から他社に流れた顧客を対象に44件で確認されたもよう。顧客が了承していないのに勝手に契約を切り替えたことなどを隠すのが目的とされている。会社側でも不適切な編集を行っていた事実を確認とリリースしている。信頼性の低下による今後の業績委への悪影響などが警戒される形に。



<3469> デュアルタップ 459 +58一時ストップ高。子会社の建物管理サービスが時間貸し駐車場「デュアルパーク」の運営を開始したと発表している。利便性の高い駅近エリアに時間貸し駐車場を提供することで、マンション所有者の収益性の向上に寄与させるほか、同社にとっては、運営収入による中長期的な業績貢献、看板設置による宣伝効果などを見込んでいる。また、第3四半期までの高進捗による業績上振れ期待なども再燃の方向に。



<6479> ミネベア 2025 -90大幅続落。JPモルガン証券では目標株価を1900円から2250円に引き上げた一方、投資判断は「オーバーウェイト」から「ニュートラル」に格下げした。過去1ヶ月の株価はセクターをアウトパフォームしたものの、収益柱の機械加工品事業は、自動車・航空機依存度が高いことで、来期以降の業績回復スピードがセクターに対し鈍くなると分析する。高成長期待のカメラアクチュエータもファーウェイリスクが警戒されると。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »