株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 日東製網、オプティム、グレイステクノロジーなど  6月12日07時15分

銘柄名<コード>11日終値⇒前日比
新都HD<2776> 114 -2
医療用マスクの大口販売で売上高2億円超計上へ。

ナビタス<6276> 341 +1
研究開発を目的とした新会社設立へ。

コンヴァノ<6574> 663 -42
前期営業は計画下振れて着地、今期は非開示。

フォーライフ<3477> 838 -26
従来未定としていた今期業績・配当予想を公表、中期計画を取り下げ。

古河電池<6937> 1068+150
古河電工との次世代型蓄電池共同開発を引き続き材料視。

日東製網<3524> 1513 +153
今期の2ケタ増益転換見通しを好感。

ダブル・スコープ<6619> 850 +31
韓国向けセパレーター好調はやした上値追いが続く。

アイロムグループ<2372> 3565 +210
ワクチン開発への期待が続く。

ライクキッズ<6065> 1002 +80
TOB価格1005円にサヤ寄せの動き続く。

オプティム<3694> 3120 +115
ドローン関連分野への関心が続く。

丹青社<9743> 865 +48
10日に第1四半期決算発表、受注残積み上がりなどで安心感も。

MonotaRO<3064> 4185 +170
5月の堅調な売上動向持続を評価へ。

マルマエ<6264> 1049 +37
業績上方修正などを引き続き材料視。

シグマクシス<6088> 1896 +10
株式新聞が取り上げている。

ヤーマン<6630> 798 +17
決算発表明日に控えて買い戻し優勢か。

ビーグリー<3981> 1687 +48
高値更新で上値妙味も広がる形に。

パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス<7532> 2276 +68
想定以上に堅調な5月の月次動向を好感。

野村総合研究所<4307> 2829 +45
地合い悪化の中で情報通信株に資金シフトも。

グレイステクノロジー<6541> 4865 +205
SBI証券では目標株価を引き上げ。

ネットワンシステムズ<7518> 3400 ±0
情報サービスセクターに関心向かい買い戻し優勢に。

りらいあコミュニケーションズ<4708> 1107 -147
顧客との会話データを改ざん・捏造と伝わる。

ワイヤレスゲート<9419> 655 -65
もみ合い上放れからの買い戻しにも一巡感。

アセンテック<3565> 3210 -265
第1四半期順調決算も材料出尽くし感。

三井E&Sホールディングス<7003> 590 -52
業績不透明感強い中で地合い悪化の影響強まる。

アルヒ<7198> 1570 -124
新規材料見当たらないが短期資金の戻り売り優勢か。

トプコン<7732> 953 -78
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価引き下げ。

宝ホールディングス<2531> 966 -98
10日はタカラバイオに連れ高の動きとなったが。

IHI<7013> 1671 -149
リバウンド一巡感のなか景気敏感株売りの流れで。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »