株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は390円安でスタート、ソフトバンクGやファーストリテなど全般軟調  6月12日09時45分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22082.12;-390.79TOPIX;1560.74;-28.18

[寄り付き概況]

 12日の日経平均は前日比390.79円安の22082.12円と大幅に続落して取引を開始した。11日の米国株式市場では、景気回復の遅れやウイルス感染第2波を警戒しNYダウは売り先行で寄り付いた。テキサス州など比較的早期に経済活動を再開した地域でウイルス感染による入院患者数が増加傾向にあることが嫌気された。米連邦準備制度理事会(FRB)が景気に悲観的見通しを維持しており、V字型回復期待が大きく後退。企業収益改善にも懸念が広がり引けにかけて下落幅を一段と拡大する展開となった。為替は1ドル=106円80銭台と前日とほぼ変わらずで引き続き円高基調で推移。この流れから日経平均は大幅に続落してスタートとなり、寄り付きでは保っていた22000円もその後即座に割り込んできている。しばらくは下値模索の展開となりそうだ。なお、6月限の先物・オプション取引に伴うSQ値(特別清算指数)の試算値は22071.46円だったもよう。

 セクター別では、全面安で、空運業、鉱業、海運業、非鉄金属、証券・商品先物取引業などが下落率上位となっている。東証1部の売買代金上位では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、東エレク<8035>、任天堂<7974>、トヨタ
<7203>、ファナック<6954>など全面安商状となっている。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »