株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日続落、ファーストリテと東エレクの2銘柄で約64円押し下げ  6月15日12時53分

15日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり101銘柄、値下がり117銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は3営業日続落。121.93円安の22183.55円(出来高概算5億4050万株)で前場の取引を終えている。前週末12日の米国株式相場は反発。ダウ平均は477.37ドル高の25605.54ドル、ナスダックは96.08ポイント高の9588.81ポイントで取引を終了した。6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値や5月の輸入物価指数が予想を上回ったため景気見通しの改善を好感して大きく上昇して寄り付いた。しかし、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が、今後ウイルス感染者数が劇的に増加した場合、厳しい予防措置が再び必要になると警告したことが嫌気され、一時下落に転じる局面も。ダウ平均は結局上昇して取引を終えたが警戒感は完全には払しょくできず、東京株式市場は売りが先行。東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が14日に47人確認されたことも手掛けにくさに繋がった。また、外為市場では朝方は107円50銭台と、先週末12日の午後の水準から20銭ほど円安に振れたが、その後、1ドル=107円10銭台まで円高・ドル安に傾き、こちらも株価の重しとなった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位は東エレク<8035>となり、2銘柄で日経平均を約64円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは三井E&S<7003>で8.14%安、同2位はアドバンテ<6857>で3.74%安だった。三井E&Sは、三菱重工<7011>との艦艇事業譲渡に向けた協議の開始に関する基本合意書を締結したと発表している。

一方、値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位は塩野義<4507>となり、2銘柄で日経平均を約23円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップは出光興産<5019>で4.34%高、同2位は日本電気硝子<5214>で3.66%高だった。


*11:30現在

日経平均株価  22183.55(-121.93)

値上がり銘柄数 101(寄与度+74.93)
値下がり銘柄数 117(寄与度-196.86)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     5146     75 +16.21
<4507> 塩野義          6688    185 +6.66
<4503> アステラス薬      1771   33.5 +6.03
<9433> KDDI           3185     21 +4.54
<4021> 日産化学         5400    120 +4.32
<4452> 花王           8779    111 +4.00
<4523> エーザイ         8446     75 +2.70
<6758> ソニー          7460     56 +2.02
<4568> 第一三共         8882     50 +1.80
<2503> キリンHD       2283.5   47.5 +1.71
<5019> 出光興産         2426    101 +1.46
<4151> 協和キリン       2812     32 +1.15
<5901> 洋缶HD          1300     31 +1.12
<9064> ヤマトHD         2450     30 +1.08
<7751> キヤノン         2252   19.5 +1.05
<5301> 東海カ          1066     29 +1.04
<9766> コナミHD         3655     25 +0.90
<4578> 大塚HD          4829     22 +0.79
<4901> 富士フイルム      4846     20 +0.72
<2282> 日本ハム         4265     40 +0.72

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格  前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    62880   -1120 -40.35
<8035> 東エレク        22495   -670 -24.14
<6857> アドバンテ       5670   -220 -15.85
<6954> ファナック       19505   -395 -14.23
<6098> リクルートHD      3707   -106 -11.46
<8028> ファミマ         1914    -59 -8.50
<4063> 信越化         12240   -215 -7.74
<9613> NTTデータ        1225    -30 -5.40
<3382> 7&iHD           3635    -98 -3.53
<7733> オリンパス      1827.5   -22.5 -3.24
<6645> オムロン         7140    -90 -3.24
<6762> TDK           10600    -90 -3.24
<2413> エムスリー       4435    -30 -2.59
<7269> スズキ          3788    -71 -2.56
<4543> テルモ          4048    -17 -2.45
<6367> ダイキン        16350    -65 -2.34
<6976> 太陽誘電         3235    -65 -2.34
<4911> 資生堂          6964    -62 -2.23
<1721> コムシスHD       2947    -50 -1.80
<8830> 住友不         2979.5   -48.5 -1.75



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »