株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=メック、今12月期業績に増額観測  6月15日10時00分

 メック<4971.T>に注目したい。同社はパッケージ基板向け超粗系密着向上剤などで高シェアを誇る。第1四半期(1〜3月)の連結営業利益は前年同期比2.4倍の4億9800万円と好調。「5G」関連やデータセンター向け半導体の需要拡大で「CZシリーズ」が伸びた。タッチパネルセンサー向け製品も堅調だ。新型コロナの影響が警戒されるなか、企業の5Gやデータセンター向けの設備投資は活発で業績は拡大が見込める。

 20年12月期の同利益は17億円の見込みだが、市場には19億円(前期比16%増)前後への増額修正期待が膨らんでいる。21年12月期も2ケタ増益が見込める。株価も5月高値2173円更新から一段高が期待できる。(地和)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
スクロールが急反発、5月度売上高が2カ月ぶり前年上回る
東エレクが一時600円安、SOX指数の戻り足鈍く目先上値の重い展開に◇
ナトコは小動き、20年10月期業績及び配当予想を下方修正も反応限定的


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »