株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 ニイタカ、Hamee、ネオジャパンなど  6月16日07時15分

銘柄名<コード>15日終値⇒前日比
TOW<4767> 375 +13
今期業績・配当予想を上方修正。

ニイタカ<4465> 4750 +365
ニューノーマル対応洗浄剤を新発売。

土木管理<6171> 360 -1
ROAD-Sのビッグデータ化に向け国道などのデータ集積へ。

内外トランスバ<9384> 999 +24
20年12月期の中間配当で記念配当実施、従来計画の17円から19円に増額。

Hamee<3134> 1898 +321
前期業績は大幅な上振れで着地へ。

ネオジャパン<3921> 1819 +256
第1四半期は想定以上の好決算に。

古河電池<6937> 1492 +124
古河電工との次世代型蓄電池共同開発を引き続き材料視。

ディー・エル・イー<3686> 485 -20
スピード調整一巡感で押し目買いも。

スクロール<8005> 401 +39
5月の月次動向が買い材料視される。

ヤーマン<6630> 813 +60
今期の増益転換見通しで買い安心感。

エイチーム<3662> 819 +72
EC事業の寄与によって通期営業益は上方修正。

新光電気工業<6967> 1464 +81
今期の業績ガイダンスは市場想定以上に。

オプティム<3694> 3255 +70
遠隔診療やドローン関連などとして上値追いが続く。

KADOKAWA<9468> 1774 +14
「デモンズソウル」などに関心か。

日本光電<6849> 3410 +25
機関投資家の押し目買いなど需給要因か。

コジマ<7513> 534 +20
エアコン需要への期待や買い戻しなどで。

サンリオ<8136> 1648 -203
テーマパーク休園の影響などで前期業績は下振れ。

三井E&Sホールディングス<7003> 509 -56
三菱重工と艦艇事業譲渡に関する協議開始も先行き懸念拭えず。

プレステージ・インターナショナル<4290> 795 -115
今期の減益見通しを嫌気。

インターアクション<7725> 1935 -285
業績予想を下方修正。

ダブル・スコープ<6619> 647 -150
戻り達成感から見切り売りが優勢。

コシダカホールディングス<2157> 441 -48
東京都での感染者数再拡大なども懸念視。

寿スピリッツ<2222> 4550 -405
世界的なウイルス感染第2波に対する警戒も波及。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »