株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=アドテスト、半導体市況回復で押し目買い好機  6月16日10時00分

 アドバンテスト<6857.T>の押し目は強気に狙ってみたい。全体相場の波乱に巻き込まれる形で目先大幅な調整を入れたが、世界シェアの過半を有する半導体検査装置大手として今後半導体市況回復の恩恵を全面享受することが予想され、5000円台後半は中期買い場となっている公算大だ。

 世界的な普及局面を迎える次世代通信規格5Gに関連する半導体需要の喚起や、ビッグデータやAI・IoTの導入本格化でデータセンターの増設に伴う半導体需要が高水準、当然ながら同社の商品に対する引き合いも旺盛となっている。特に会社側が今年の需要をやや保守的にみている高機能半導体向けテスター(SoCテスター)は踊り場を通過して21年は再加速する見込みにあり、同社の業績を牽引していく。株価は25日移動平均線を直近下回ったが、ここはイレギュラーゾーンとして買い向かってみたい。年末までに1月につけた年初来高値6640円を視界に捉える場面もありそうだ。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東エレクが900円超の上昇、SOX指数続伸受け半導体関連が大きく切り返す◇
アークランドが反発、ホームセンター好調で第1四半期営業利益は38%増
ソレイジアがS高カイ気配、「SP-02」のアジア国際第2相臨床試験で主要評価項目を達成


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »