株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前場に注目すべき3つのポイント~大幅上昇の反動による利食い優勢の展開も押し目拾いのスタンス  6月17日08時46分

17日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:大幅上昇の反動による利食い優勢の展開も押し目拾いのスタンス
■前場の注目材料:フェローテク、20/3期営業利益31.5%減60.12億円、2Q予想30億円
■CKD、日米で半導体製造装置部品を増産、5G向けに根強い需要



■大幅上昇の反動による利食い優勢の展開も押し目拾いのスタンス

17日の日本株市場は、利食い優勢の展開になりそうだ。16日の米国市場ではNYダウが526ドル高となった。5月小売売上高が過去最大の伸びを記録したことや低コストの抗炎症薬でウイルス重症患者の生存率を高めることが明らかとなったほか、トランプ政権が1兆ドル規模のインフラ支出を検討しているとの報道が好感された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円安の22345円。円相場は1ドル107円30銭台で推移している。

小売売上高を材料視した米国市場の上昇は好感されるが、昨日の米株先物の上昇で織り込まれており、一方で日経平均の1000円超の上昇に対する利益確定の流れに向かいやすいだろう。また、中国が新型コロナ感染の再燃でウイルス対策の水準を引き上げたほか、米国でもテキサス州やフロリダ州で感染者数や入院患者数の増加が伝えられるなど、感染第2波への警戒感も強まりやすいところ。さらに北朝鮮の地政学リスクへの警戒も手掛けづらくさせよう。

ただし、利食い先行としても昨日の大幅上昇の反動といったところであり、売り一巡後は押し目拾いのスタンスになろう。日経平均は25日線を支持線としたリバウンドにより、5日線を一気に突破してきている。5日線は22400円処に位置しており、この辺りでの底堅い値動きをみせてくるようだと、ショートカバーの流れが強まりやすい。物色の流れとしては個別に材料の出ている銘柄の他、感染第2波への警戒からバイオ株のほか、テレワークなどへの循環物色といったところだろう。また、短期資金が中心とはいえ、地政学リスクへの警戒から防衛関連などへの値幅取り狙いの資金が集中しやすいだろう。

その他、グローベックスの米株先物の動向を睨みながらの展開になりそうだが、NYダウ先物は100ドル安程度で推移しており、先物主導による短期の売り仕掛け的な動きが意識されやすいところ。もっとも、ポジションを大きく傾ける流れにはなく、売り仕掛け的な局面においては、冷静に下値を拾うタイミングを見極めたいところであろう。


■フェローテク、20/3期営業利益31.5%減60.12億円、2Q予想30億円

フェローテク<6890>は2020年3月期決算を発表。売上高は前期比8.8%減の816.13億円、営業利益は同31.5%減の60.12億円だった。半導体や有機ELパネルメーカーの設備投資の調整局面が続いたほか、デバイスメーカー各社が在庫調整を継続した影響。一方で、デバイス事業は、5G用の移動通信システム機器、PCR等の医療検査装置向けは概ね計画とおりに推移。4-9月期予想は売上高が前年同期比4.4%減の400億円、営業利益は同15.9%減の30億円を計画。


■前場の注目材料
・日経平均は上昇(22582.21、+1051.26)
・NYダウは上昇(26289.98、+526.82)
・ナスダック総合指数は上昇(9895.87、+169.84)
・SOX指数は上昇(1965.69、+34.68)
・VIX指数は低下(33.67、-0.73)
・米原油先物は上昇(38.38、+1.26)
・日銀のETF購入
・世界的な経済活動再開
・日米欧の大型経済対策
・コロナ収束後の業績回復期待


・CKD<6407>日米で半導体製造装置部品を増産、5G向けに根強い需要
・ダイキン<6367>東大発VBとアフリカで空調サブスク
・ソフトバンクG<9984>売却検討、24%保有のTモバイル株
・三井物産<8031>ロンドンでEVバス受注、カエタノ製提供
・伊藤忠<8001>舶用アンモニア燃料、シンガポールで共同研究、伊藤忠など
・富士通<6702>チャットボット受注拡大、自治体・保健所・医療向け
・日産自<7201>米にSUV今秋投入、ローグ全面改良、業績立て直しのカギに
・シークス<7613>海外工場をクラウド管理、第2波・3波に備え
・ローム<6963>低オン抵抗のパワー半導体、車載駆動装置向け
・東エレク<8035>マクロ検査装置、ウエハー表面欠陥を高速検出
・日本電気硝子<5214>全固体ナトリウム電池、実用レベルの性能確認
・グンゼ<3002>環境資材拡充、撚糸技術活用で中国参入も
・第一三共<4568>遺伝子ワクチン開発、来春、東大とヒトで臨床
・住友ベークライト<4203>AI・IoTで基幹工場を自動制御、生産効率20%向上


☆前場のイベントスケジュール

<国内>
・08:50 5月貿易収支(予想:-1兆300億円、4月:-9319億円)

<海外>
・特になし


<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »