株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アドクリ Research Memo(6):13年ぶりにエクイティ・ファイナンスを実施、財務基盤の更なる強化を図る  6月19日16時16分

■業績動向

3. 財務状況と経営指標
アドバンスクリエイト<8798>の2020年9月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比1,073百万円増加の9,241百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現金及び預金で511百万円、売掛金で993百万円それぞれ増加した一方で、未収入金が887百万円減少した。固定資産では投資その他の資産が193百万円増加した。

負債合計は前期末比358百万円増加の3,935百万円となった。流動負債で未払金が208百万円増加したことが主因となっている。有利子負債(リース債務含む)は23百万円減少している。また、純資産合計は前期末比714百万円増加の5,306百万円となった。配当金支払い266百万円があったが、親会社株主に帰属する四半期純利益552百万円を計上したほか、自己株式の処分により450百万円を調達したことが増加要因となった。

自己株式の処分については、2020年3月に取引先であるネオファースト生命保険(株)に227.5千株(1株当たり1,858円)を売却している。2019年9月期における連結売上高の約6%をネオファースト生命保険向けで占めており、今回の自己株式処分によって取引関係をさらに深化させ、収益性向上を図ることが目的となっている。また、併せて第3者割当による行使価額修正条項付き新株予約権も発行している。潜在株式数は40万株(希薄化率3.6%)で、行使期間は2023年3月6日までとなっている。当初行使価額の1,858円(下限行使価額は1,301円)で試算した調達予定額は742百万円となる。

同社では13年ぶりのエクイティ・ファイナンスとなり、自己株式処分も含めた調達予定額1,164百万円については、今後3年間におけるASP事業のシステム開発投資(700百万円)、保険代理店事業におけるコンサルティングプラザのリニューアル投資(272百万円)、再保険子会社の資本増強(192百万円)などに充当していく予定となっている。投資資金的には手元資金などでも十分賄える水準ではあったが、東京証券取引所の市場区分見直しに向けて、株式の流動性を高める狙いもあったと考えられる。経営指標を見ると、安全性を示す自己資本比率は前期末の56.2%から57.4%と若干上昇し、有利子負債比率は同11.9%から9.8%に低下するなど、健全な水準を維持している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »