株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は5日続伸、個人投資家の物色意欲は旺盛  6月22日16時29分

 本日のマザーズ指数は5営業日続伸となった。朝方は売りが先行したものの、即座に切り返す展開になると、その後マザーズ指数は一時1059.49ptまで上昇。大引けにかけてはやや落ち着いたものの、終日堅調な値動きに。なお、マザーズ指数は5営業日続伸、売買代金は概算で2036.44億円。騰落数は、値上がり175銘柄、値下がり136銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、ストップ高まで買われたオンコリス<4588>がマザーズ売買代金トップにランクイン。底堅く推移したアンジェス<4563>の他、ナノキャリア<4571>、GNI<2160>、OTS<4564>などバイオ株の一角に物色が見られた。第3四半期決算を発表、想定よりも良い内容だったと評価する声も聞かれたブシロード<7803>は売り先行も切り返し2桁の上昇、新型コロナウイルス感染症に対応する医療人材の確保に向け、厚生労働省からの要請を受けた一般社団法人日本人材紹介事業協会と連携すると発表したMRT<6034>も9%高に。AIカメラによる「密集・発熱・マスク着用」を検知・共有するコロナ対策の独自AIソリューションを提供開始と発表してから連日のストップ高となっていたアジャイルメディア・ネットワーク<6573>も引き続き強い値動き。その他、JTOWER<
4485>、すららネット<3998>、AIinside<4488>、BASE<4477>などが買われた。
一方、PSS<7707>を筆頭にVEGA<3542>、MacbeeP<7095>など直近で資金を集めていた銘柄の一角が利益確定売りに押された。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »