株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:ニトリHDやスギHDに注目  6月25日09時07分

24日の米国市場では、NYダウが710.16ドル安の25445.94、ナスダック総合指数が222.20pt安の9909.17、シカゴ日経225先物が大阪日中比235円安の22225。25日早朝の為替は1ドル=107円00-10銭(昨日大引け時は106.56円付近)。本日の東京市場では、米国株安になびいてソフトバンクG<9984>やファーストリテ<9983>など値がさ銘柄や、三菱UFJ<8306>、野村<8604>をはじめとする金融関連株に売りが予想される。ただ、円相場の軟化が下支えとなって任天堂<7974>、京セラ<6971>、東エレク<8035>などは朝方の売り一巡後の下げ渋りが期待できよう。新興市場ではマザーズに昨日上場して初値が付かなかったフィーチャ<4052>とコパ<7689>が注文される。特にフィーチャは大量の買いを残して昨日大引けを迎えており、初値形成の過熱が予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された東ソー<4042>、資生堂<4911>、日本製鉄<5401>、ニッパツ<5991>、オークマ<6103>、レオン自動機<6272>、SMC<6273>、ハーモニック<6324>、ダイキン<6367>、ダイフク<6383>、CKD<6407>、THK<6481>、三菱電<6503>、マキタ<6586>、ルネサス<6723>、キーエンス<6861>、ファナック<6954>、豊田合成
<7282>、スギHD<7649>、オリンパス<7733>、T&DHD<8795>、ニトリHD<9843>、ミスミG
<9962>、ファーストリテ<9983>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »