株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は246円安でスタート、ファーストリテやファナックが軟調  6月25日09時42分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22287.87;-246.45TOPIX;1564.96;-15.54

[寄り付き概況]

 25日の日経平均は246.45円安の22287.87円と続落して取引を開始した。前日24日の米国株式相場は反落。ダウ平均は710.16ドル安の25445.94ドル、ナスダックは222.20ポイント安の9909.17ポイントで取引を終了した。全米各地でウイルス感染者数が連日急増していることや米国が欧州連合(EU)と英国からの輸入品に対し新関税を検討しており欧米貿易戦争勃発への懸念が浮上した。国際通貨基金(IMF)が世界、米国経済の見通しを一段と引き下げ、景気後退が深刻化する可能性を警告したため、大きく下落して寄り付いた。その後、ニューヨークなど北東部3州がウイルス感染急増地域からの訪問者に対して、14日間の隔離要請を発表したほか、携帯端末のアップルがヒューストンの7店舗を再び休業することを発表すると下げ幅を一段と拡大した。米国株安を受けた東京株式市場は売りが先行した。東京でも昨日55人の新型コロナウイルス感染が確認され、職場クラスターが発生したと伝えられたこともあり、警戒感が強くなり、リスクオフムードが広がっているもよう。ただ、為替が朝方に一時1ドル=107円10銭台と昨日の円の高値から70-80銭ほど円安・ドル高に振れており、株価の下支え要因となり、寄り付き後の日経平均はやや下げ渋っている。

 セクター別では、精密機器、電気・ガス業の2業種が上昇、鉱業、非鉄金属、海運業、空運業、不動産業などが下落率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、NEC<6701>、資生堂<4911>、テルモ<4543>、花王<4452>、HOYA<7741>などが上昇。他方、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、ファーストリテ<9983>、JT<2914>、OLC<4661>、ファナック<6954>、などが下落している。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »