株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アプライドが大幅反発、PALTEKと共同でFPGAアクセラレータ・カードを搭載したWS開発◇  6月30日13時08分

 アプライド<3020.T>が大幅反発している。この日正午ごろ、PALTEK<7587.T>と共同で、FPGAアクセラレータ・カードを搭載したワークステーション「CERVO Grasta PALTEK FPGA」を開発し販売を開始したと発表しており、これが好材料視されている。

 同製品は、米ザイリンクスの「Alveoアクセラレータ・カード」を標準搭載したHPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング)専用ワークステーション。金融コンピューティング、機械学習、計算用ストレージ、データ検索/分析などあらゆるワークロードに対応し、最適化されたアクセラレーション機能を提供するほか、ワークステーションを構成する部材を全て「高耐久」「高品質」仕様で構成したのが特徴という。アプライドの国内工場で企画・製造を行い、12時間の品質・動作・エージング検査済みで、最大72時間のエージング検査も可能という。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に小僧寿し
荏原は反発、フードテックスタートアップと資本・業務提携
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »