株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=293円高、米株急反発を受け切り返すも終盤伸び悩み  6月30日15時44分

 30日の東京株式市場は朝方から買い優勢の展開で日経平均は一時400円を超える上昇をみせた。ただ、終盤に戻り売り圧力が顕在化し急速に伸び悩んだ。

 大引けの日経平均株価は前営業日比293円10銭高の2万2288円14銭と反発。東証1部の売買高概算は12億4084万株、売買代金概算は2兆2425億5000万円。値上がり銘柄数は1093、対して値下がり銘柄数は991、変わらずは85銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の米国株市場でNYダウやナスダック総合指数など主要株指数が急反発したことを受けリスクオフの巻き戻しが入る格好となった。米国では発表された経済指標が市場予測を上回り景気に対する悲観的な見方が後退、外国為替市場でドル高・円安方向に振れたことも東京市場ではポジティブ材料となった。取引時間中は6月の中国製造業PMIが改善したことなども市場心理を強気に傾ける材料となった。ただ、2万2400円台では戻り売り圧力も強く引けにかけ手仕舞い売りで全体指数は上げ幅を縮小した。日経平均はきょうのほぼ安値圏で着地している。中小型株は利益確定売りに軟化するものも目立っており、東証1部の値上がり銘柄数は全体の5割にとどまった。

 個別では、ファーストリテイリング<9983.T>が1000円超の上昇をみせたほか、東京エレクトロン<8035.T>、キーエンス<6861.T>、ダイキン工業<6367.T>などが上昇した。SUMCO<3436.T>も高い。東京海上ホールディングス<8766.T>が買い優勢、エムスリー<2413.T>、三菱商事<8058.T>なども堅調。E・Jホールディングス<2153.T>、ニーズウェル<3992.T>などが大幅高に買われ、日本電子材料<6855.T>、Orchestra Holdings<6533.T>なども大きく水準を切り上げた。

 半面、レーザーテック<6920.T>が利益確定売りに反落、GMOクラウド<3788.T>は大幅安となった。富士通<6702.T>も軟調、SMC<6273.T>も下落した。丸文<7537.T>が急落、アイロムグループ<2372.T>、システム情報<3677.T>なども大幅安。J.フロント リテイリング<3086.T>の下げも目立った。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・30日>(大引け)=アプライド、リンテック、MSコンサルなど
東エレデバは大幅高で連日の年初来高値更新、半導体関連人気に乗り16年ぶり高値◇
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で横ばい


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »