株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ファナック、トヨタなど高安まちまち、シカゴは大阪比55円高の22285円  7月01日08時23分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、セコム<9735>、三井トラスト<8309>が小安い。半面、トヨタ<7203>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、HOYA<7741>が小じっかりなど、対東証比較(1ドル107.93円換算)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円高の22285円。

米国株式相場は続伸。ダウ平均は217.08ドル高の25812.88ドル、ナスダックは184.61ポイント高の10058.77ポイントで取引を終了した。新型コロナ感染拡大への懸念や、6月シカゴ購買部協会景気指数が予想を下回ったことで下落して寄り付いた。しかし、6月消費者信頼感指数が予想以上の改善を示したことに加え、国立アレルギー・感染症研究のファウチ所長が議会証言で、ウイルスワクチンに関して楽観的な見解を示したことが好感された。またフロリダ州のウイルス感染者数の増加率が、先週の平均を下回ったため安心感も広がった。パウエルFRB議長とムニューシン財務長官の議会証言後、追加支援策への期待も高まり引けにかけても堅調推移となった。

6月30日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円52銭へ下落後、107円98銭まで上昇して107円93銭で引けた。米国の6月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)が予想を下回ったため、一時ドル売りが強まったのち、米6月消費者信頼感指数が予想以上に改善したことを好感してドル買いが優勢となった。ユーロ・ドルは1.1191ドルから1.1262ドルまで上昇して1.1232ドルで引けた。ユーロ・ポンド絡みの買いが優勢となった。

NY原油先物8月限は弱含み(NYMEX原油8月限終値:39.27 ↓0.43)。


■ADR上昇率上位銘柄(30日)
<6361> 荏原 12.09ドル 2610円 (85円) +3.37%
<7012> 川重 5.86ドル 1581円 (31円) +2%
<2802> 味の素 16.9ドル 1825円 (33円) +1.84%
<9202> ANA 4.6ドル 2480円 (29円) +1.18%
<6758> ソニー 69.13ドル 7461円 (77円) +1.04%


■ADR下落率上位銘柄(30日)
<6770> アルプス 24.64ドル 1330円 (-50円) -3.62%
<5332> TOTO 36.78ドル 3970円 (-145円) -3.52%
<3401> 帝人 15.5ドル 1673円 (-41円) -2.39%
<6753> シャープ 2.6ドル 1124円 (-22円) -1.92%
<8309> 三井トラスト 2.76ドル 2979円 (-46円) -1.52%


■その他ADR銘柄(30日)
<1925> 大和ハウス 23.4ドル 2526円 (-16円)
<1928> 積水ハウス 19.06ドル 2057円 (4.5円)
<2503> キリン 21.22ドル 2290円 (15.5円)
<2802> 味の素 16.9ドル 1825円 (33円)
<3402> 東レ 9.33ドル 503円 (-4.5円)
<3407> 旭化成 16.34ドル 882円 (6.4円)
<3938> LINE 50.07ドル 5404円 (-16円)
<4523> エーザイ 79.34ドル 8563円 (17円)
<4704> トレンド 56.06ドル 6050円 (30円)
<4901> 富士フイルム 42.84ドル 4624円 (14円)
<4911> 資生堂 63.55ドル 6859円 (24円)
<5108> ブリヂストン 16.1ドル 3475円 (6円)
<6301> コマツ 20.44ドル 2206円 (2.5円)
<6503> 三菱電 26.02ドル 1404円 (4.5円)
<6586> マキタ 36.2ドル 3907円 (-8円)
<6645> オムロン 67.25ドル 7258円 (38円)
<6702> 富士通 23.42ドル 12639円 (19円)
<6723> ルネサス 2.52ドル 544円 (-7円)
<6758> ソニー 69.13ドル 7461円 (77円)
<6762> TDK 99.05ドル 10690円 (10円)
<6902> デンソー 19.46ドル 4201円 (-4円)
<6954> ファナック 17.82ドル 19233円 (-27円)
<6988> 日東電 28.33ドル 6115円 (15円)
<7201> 日産自 7.39ドル 399円 (-0.2円)
<7203> トヨタ 125.63ドル 6780円 (18円)
<7267> ホンダ 25.56ドル 2759円 (3.5円)
<7270> SUBARU 10.37ドル 2238円 (-3.5円)
<7733> オリンパス 19.32ドル 2085円 (9.5円)
<7741> HOYA 95.57ドル 10315円 (55円)
<7751> キヤノン 19.97ドル 2155円 (20.5円)
<7974> 任天堂 55.9ドル 48266円 (256円)
<8001> 伊藤忠 43.17ドル 2330円 (8.5円)
<8002> 丸紅 45.05ドル 486円 (-1.5円)
<8031> 三井物 295.1ドル 1593円 (-1.5円)
<8053> 住友商 11.45ドル 1236円 (1.5円)
<8058> 三菱商 42.14ドル 2274円 (4円)
<8267> イオン 23.31ドル 2516円 (11円)
<8306> 三菱UFJ 3.93ドル 424円 (2.4円)
<8309> 三井トラスト 2.76ドル 2979円 (-46円)
<8316> 三井住友 5.62ドル 3033円 (1円)
<8411> みずほFG 2.47ドル 133円 (0.8円)
<8591> オリックス 61.6ドル 1330円 (1.5円)
<8604> 野村HD 4.44ドル 479円 (-3.4円)
<8766> 東京海上HD 43.79ドル 4726円 (28円)
<8802> 菱地所 14.82ドル 1599円 (-3.5円)
<9202> ANA 4.6ドル 2480円 (29円)
<9432> NTT 23.24ドル 2508円 (-7.5円)
<9735> セコム 21.74ドル 9386円 (-37円)
<9983> ファーストリテイ 57.23ドル 61766円 (66円)
<9984> ソフトバンクG 25.18ドル 5435円 (-15円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »