株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、アステラス薬とKDDIの2銘柄で約21円押し下げ  7月01日17時57分

1日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり22銘柄、値下がり200銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は反落。6月30日の米国市場でNYダウは続伸し、217ドル高となった。6月の消費者信頼感指数が急回復し、パウエル連邦準備理事会(FRB)議長らの議会証言を受けて新型コロナウイルスを巡る追加支援策への期待も高まった。本日の日経平均はこうした流れを好感し50円高からスタート。ただ、NYダウ先物の時間外取引での下落や円相場の上昇が重しとなり、後場に入ると1日の東京都の新型コロナ感染者数が60人以上になったと伝わり22039.56円(前日比248.58円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比166.41円安の22121.73円となった。東証1部の売買高は11億8497万株、売買代金は2兆0351億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、医薬品、繊維製品、不動産業、ゴム製品、パルプ・紙が下落率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の85%、対して値上がり銘柄は13%となった。

値下がり寄与トップはアステラス薬<4503>となり1銘柄で日経平均を約11円押し下げた。同2位はKDDI<9433>となり、リクルートHD<6098>、第一三共<4568>、信越化学<4063>、テルモ<4543>などがつづいた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップはスズキ<7269>で4.51%安となった。

一方、値上がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を47円押し上げた。同2位はソフトバンクG<9984>となり、アドバンテス<6857>、ダイキン<6367>、ソニー<6758>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  22121.73(-166.41)

値上がり銘柄数  22(寄与度+89.63)
値下がり銘柄数 200(寄与度-256.04)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        27735         1295 +46.65
<9984> ソフトバンクG     5551          101 +21.83
<6857> アドバンテ       6240          120 +8.65
<6367> ダイキン        17525          190 +6.84
<6758> ソニー          7432           48 +1.73
<7951> ヤマハ          5110           40 +1.44
<9064> ヤマトHD         2355           25 +0.90
<4901> 富士フイルム      4621           11 +0.40
<7832> バンナムHD       5677           10 +0.36
<4755> 楽天            953           5 +0.18
<5803> フジクラ         314           4 +0.14
<8601> 大和証G        453.1          3.4 +0.12
<5801> 古河電          2630           21 +0.08
<4523> エーザイ         8548           2 +0.07
<8750> 第一生命HD      1300.5         17.5 +0.06
<8795> T&DHD         927           6 +0.04
<9503> 関西電          1055           10 +0.04
<9412> スカパーJ         409           9 +0.03
<5020> ENEOSHD         382.6          0.6 +0.02
<9107> 川崎船          1019           5 +0.02

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<4503> アステラス薬      1739         -60.5 -10.90
<9433> KDDI           3187          -47 -10.16
<6098> リクルートHD      3590          -92 -9.94
<4568> 第一三共         8563         -243 -8.75
<4063> 信越化         12370         -225 -8.11
<4543> テルモ          4026          -55 -7.93
<4507> 塩野義          6535         -215 -7.74
<9983> ファーストリテ    61510         -190 -6.84
<6954> ファナック       19085         -175 -6.30
<2801> キッコーマン      5020         -170 -6.12
<6971> 京セラ          5780          -85 -6.12
<2413> エムスリー       4515          -70 -6.05
<7269> スズキ          3492         -165 -5.94
<6762> TDK           10530         -150 -5.40
<8028> ファミマ         1813          -36 -5.19
<6645> オムロン         7080         -140 -5.04
<7733> オリンパス      2041.5          -34 -4.90
<4578> 大塚HD          4575         -124 -4.47
<7267> ホンダ         2699.5          -56 -4.03
<7203> トヨタ          6656         -106 -3.82




<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »