株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反落、戻り売り厚く後半値を消す展開に  7月01日11時45分

 1日前引けの日経平均株価は前営業日比41円94銭安の2万2246円20銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は5億2140万株、売買代金概算は8721億2000万円。値上がり銘柄数は697、対して値下がり銘柄数は1372、変わらずは92銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は、前日の米株高や円安を背景に買い優勢でスタートしたが、戻り売り圧力も強く上値の重い展開で、前場終盤になって急速に値を消した。アジア株市場は総じてしっかりした動きだが、米株価指数先物が軟化したことや取引時間中にドル・円相場が円高方向に振れたことなどが利益確定売りを誘発した。東証1部全体の63%の銘柄が下落し、売買代金は9000億円に届かず低調だった。

 個別では東京エレクトロン<8035.T>が大幅高、レーザーテック<6920.T>も物色人気となるなど半導体関連株への買いが目立つ。ソニー<6758.T>、ダイキン工業<6367.T>なども買い優勢。パイプドHD<3919.T>、日本農薬<4997.T>などが値を飛ばした。半面、トヨタ自動車<7203.T>が軟調、ファーストリテイリング<9983.T>も売りに押された。武田薬品工業<4502.T>も安い。サンデンホールディングス<6444.T>はストップ安。三陽商会<8011.T>、レオパレス21<8848.T>なども大きく値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・1日>(前引け)=タツモ、ジャストプラ、パイプドHD
サンデンHDが一時S安、事業再生ADRを申請
日農薬が大幅続伸、20年3月期業績は計画上振れで着地


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »