株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

昭文社HDは急反発、データスコープと業務提携し顔認証・体温検知カメラなどの提供開始  7月01日10時09分

 昭文社ホールディングス<9475.T>は急反発。6月30日の取引終了後、子会社マップルが最先端の顔認証技術を基盤とするソリューションを展開するデータスコープ(東京都中央区)と業務提携し、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的とした顔認証・体温検知カメラ・入退館システムの提供をきょうから開始すると発表しており、これが材料視されているようだ。

 マップルが培った地図情報を基盤とするソリューションビジネスとデータスコープの最新技術を効果的に結び付け、位置情報との組み合わせなどを通じたより実効性の高いソリューションを展開するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午前10時現在の値上がり値下がり銘柄数
日農薬が大幅続伸、20年3月期業績は計画上振れで着地
<注目銘柄>=ヤマシン―F、中国建機メーカーの採用率向上など牽引役に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »