株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Aバランスが急速人気化、ムーンショット目標の地球環境再生関連として頭角現す  7月02日12時58分

 Abalance<3856.T>が急反騰、商いも増勢でマーケットの注目を集めている。株価は700円台前半のもみ合いを経て、きょうは一時19%高と840円台まで一気に水準を切り上げてきた。法人向けソフト開発を祖業とするが、現在は太陽光発電事業に経営資源を注いでいる。政府が打ち出した「ムーンショット型研究開発制度」では、ターゲットの1つに「地球環境再生のために、持続可能な資源循環の実現による、地球温暖化問題の解決(Cool Earth)と環境汚染問題の解決(Clean Earth)を目指す」という目標が掲げられており、同社はその関連有力株との位置づけで、株価の先高を見込んだ投資資金が流入している。6月中旬にマドを開けて急騰したが、ここで日足一目均衡表の雲抜けを果たしており、中期的にも13週・26週移動平均線のゴールデンクロス接近で注目されやすいタイミングにあった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
H2Oリテイが反発、6月度売上高の減少幅縮小を好感
<個人投資家の予想> 07月02日 12時
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比でやや伸び悩む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »