株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

テルモ反発、糖尿病治療支援システムの共同開発スタート  7月02日13時32分

 テルモ<4543.T>が反発している。同社は1日、MICIN(東京都千代田区)と糖尿病治療支援システムの共同開発を開始したと発表しており、これが買い手掛かりとなっているようだ。

 このシステムは、個々の患者の血糖値や食事・運動・服薬などの情報に基づき糖尿病治療を支援することを目的としたデジタル治療。デジタル治療とは、医学的エビデンスに基づいたソフトウェアによる治療介入で、疾病の管理だけでなく、予防・治療を支援する治療法で、患者ひとりひとりに合わせた個別化医療を支援できること、受診する間の診療空白期間にも介入支援できること、蓄積されるデータで治療法の向上を図れることなどから、特に慢性疾患での活用が期待されている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
あみやき続落、第1四半期は13億3500万円の営業赤字を警戒
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に小僧寿し


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »