株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

来週の為替相場見通し=手掛かり材料難で一進一退継続か  7月03日18時07分

 来週の外国為替市場のドル円相場は、依然手掛かり材料難のなか107円台での一進一退が続きそうだ。予想レンジは1ドル=107円00~108円00銭。

 今週は1日に一時108円16銭まで上昇した。ただ、108円台での滞在時間はわずかであり、その後、再度107円半ばの水準に値を戻しており、上値の重さを意識する展開となった。来週は目立ったイベントはなく、新型コロナウイルス感染者数の動向を横目にみる展開が予想される。来週は6日に米6月ISM非製造業景況感指数が発表されるほか、9日に中国6月消費者物価、10日に米6月生産者物価が公表される。




出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
日銀為替市況 午後5時時点、107円48~49銭の小幅なドル高・円安
日銀為替市況(ドル円・午後5時)
来週の株式相場戦略=半導体などハイテク株注視、ETF分配金絡みの売り警戒


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »