株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

川口化の上期営業利益は2.8倍  7月03日16時28分

 川口化学工業<4361.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(19年12月~20年5月)連結決算を発表しており、売上高33億7000万円(前年同期比9.5%減)、営業利益8300万円(同2.8倍)、最終利益6300万円(同3.1倍)となった。

 新型コロナウィルスの感染拡大による影響を受け、自動車関連産業の一部操業停止や生産調整により受注が減少し、売上高は計画していた37億円から下振れて着地した。ただ、品質・技術面で優位性を持つ医療用ゴム薬品や医療用製品の拡販による利益確保を図ったほか、効率的生産体制の実施や原料安定調達によるコストダウンを図ったことが利益押し上げに寄与し営業利益は計画の6000万円を上振れた。

 なお、従来は売上高76億円、営業利益1億8000万円、最終利益1億3000万円を見込んでいた20年11月期通期業績予想は、新型コロナウィルス感染症の影響により、現段階において合理的に算定することが困難であるとして未定としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
3日の主なマーケットイベント
午後:債券サマリー 先物は続伸、長期金利0.020%に低下
3日韓国・KOSPI=終値2152.41(+17.04)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »