株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メドレックス、CPN-101やMRX-1OXTを包含する欧州特許査定を取得  7月03日16時55分

 メドレックス<4586.T>がこの日の取引終了後、「テープ剤の新規な基剤組成物」について、欧州特許庁から特許査定の通知を受けたと発表した。

 同特許は、貼付剤における薬物放出性及び皮膚密着性向上に関する発明で、痙性麻痺治療貼付剤CPN-101(MRX-4TZT、チザニジンテープ剤)や中枢性鎮痛貼付剤MRX-1OXT(オキシコドンテープ剤)を含む複数の製剤をカバーする基本特許の一つで、米国、日本、中国で特許査定となっている。なお、20年12月期業績への影響はないとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 07月03日 16時
川口化の上期営業利益は2.8倍
午後:債券サマリー 先物は続伸、長期金利0.020%に低下


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »