株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<最も25日平均線との乖離幅が拡大している銘柄> 07月03日  7月04日07時36分

■ 最も25日移動平均線との乖離幅が拡大している銘柄
07月03日の終値時点で最も25日移動平均線との乖離幅が拡大している銘柄は、
クレアホールディングス(1757)で、乖離率は07月02日17:00の第三者割当に係る株式譲渡報告書(新株式) の発表を受け、131.32%となりました。
20%を超えて加熱度合いが顕著となっており、早々に調整が入る可能性があります。
みんかぶ予想の目標株価は123円で、07月03日の終値(187.0円)に対して64.0円の下値余地があるとみています。
なお、同社は07月03日の取引終了後に、07月03日15:00の新株予約権の月間行使状況に関するお知らせ を発表しており、本日の同社の取引に影響を与える可能性があります。

【25日移動平均線乖離率ランキング】
1.クレアホールディングス(1757) - 187.0円(前日比28.0円高)
2.フルッタフルッタ(2586) - 483.0円(前日比20.0円高)
3.小僧寿し(9973) - 83.0円(前日比2.0円安)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<07月03日の年初来高値更新銘柄> 07月04日
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にフルッタフルッタ
フルッタは3連騰、上場廃止猶予期間の解除きっかけに投機資金の流入続く


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »