株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は34円高でスタート、東エレクやアドバンテスが堅調  7月06日09時39分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22341.27;+34.79TOPIX;1555.14;+2.81

[寄り付き概況]

 6日の日経平均は34.79円高の22341.27円と続伸して取引を開始した。先週末の米国株式市場は独立記念日の振り替え休日で休場。週末の欧州では英国やドイツの株式市場が軟調だった。米国で新型コロナウイルスの感染が拡大し、警戒感が高まった。先週末の米国市場が休場で、今日の東京株式市場は寄り付き段階ではやや手掛かり材料不足。ただ、金融財政政策が相場を下支えするという見方や、景気回復への期待感は強く、東京株式市場はやや買いが先行した。東京では5日まで4日連続で100人を超える新型コロナウイルスの新規感染者が発生し、周辺の県にも波及しつつあり、感染拡大への懸念が大きくなっている。また、小池東京都知事が、都民に対し不要不急の都外への移動自粛を要請しており、経済活動への影響が出始める可能性もある。新型コロナウイルスの感染が広がりを見せる中、市場の警戒感は強いが、寄り付き段階では金融財政施策や景気への期待感が強かった。

 セクター別では、小売業、情報・通信業、ゴム製品、繊維製品、電気・ガス業などが上昇率上位、鉱業、不動産業、水産・農林業、鉄鋼、医薬品などが下落率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、日立<6501>、東エレク<8035>、ガンホー<3765>、アドバンテスト<6857>、ヤマトHD<9064>などが上昇。他方、任天堂<7974>、中外薬<4519>、三井不<8801>などが下落している。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »