株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続伸、直近IPO銘柄への資金流入が活発  7月06日16時07分

 本日のマザーズ指数は続伸となった。前週末水準からの寄り付きとなると、その後一時970.11ptまで下落する場面もあったものの、即座に切り返す展開。その後は終日主力市場に相対的に資金が向かったこともあり、プラス圏ながら、狭いレンジ内でのもみ合いが中心の値動きとなった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1779.06億円。騰落数は、値上がり258銘柄、値下がり62銘柄、変わらず4銘柄となった。
 個別では、6%安のアンジェス<4563>がマザーズ売買代金トップにランクイン。アンジェスの他、オンコリス<4588>やリボミック<4591>、ナノキャリア<4571>などバイオ株の一角に売りが見られた。また、ライフネット生命保険<7157>は下げ幅を縮めたものの、海外市場における募集による新株式発行及び株式売出しについて発表し需給懸念が優勢。その他、PSS<7707>、グッドパッチ<7351>、AIinside<4488>、メドピア<6095>などが売られた。一方、ロコガイド<4497>やコパ<7689>を中心にフィーチャ<4052>
など直近IPO銘柄への資金流入が活発だった。また、ステムリム<4599>も一時急騰。識学<7049>は、6月の月次売上高が前年同月比40%増と発表し後場に急伸。その他、BASE
<4477>、メルカリ<4385>、メドレー<4480>、マネーフォワード<3994>、アジャイル<6573>などが買われた。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »