株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イトーヨーギョなど電線地中化関連に急騰相次ぐ、小池氏再選受け政策関連で思惑浮上◇  7月06日09時57分

 イトーヨーギョー<5287.T>が一時240円高の1469円と気を吐いたほか、ベルテクスコーポレーション<5290.T>や那須電機鉄工<5922.T>など電線地中化関連が軒並み高に買われている。5日に投開票された東京都知事選は小池百合子氏が圧勝する形で再選されたが、株式市場全体としては織り込み済みながら、個別株は同氏が政策として注力の構えをみせている無電柱化の政策を改めて買う流れとなっている。また、熊本県南部での豪雨被害が大きく報じられているが、全国的にも豪雨による2次災害を引き起こしやすい電柱の撤去が急務であるという思惑も株高を助長しているようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
AHCが急落、5月中間期業績は計画下振れで着地
KTKが大幅反発、20年8月期第3四半期営業利益は2ケタ増で着地
麻生フオームはストップ高、豪雨関連で建設資材や特殊土木関連に投資資金集中◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »