株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=407円高、中国株急伸受け先物主導で大幅高  7月06日15時39分

 6日の東京株式市場は大きく買い優勢に傾き、日経平均は400円を超える上昇で2万2700円台に乗せて着地、終値ベースで6月10日以来の水準まで戻した。

 大引けの日経平均株価は前週末比407円96銭高の2万2714円44銭と大幅高で3日続伸。東証1部の売買高概算は10億2539万株、売買代金概算は1兆8013億4000万円。値上がり銘柄数は1888、対して値下がり銘柄数は244、変わらずは38銘柄だった。

 きょうの東京市場は、寄り付き後しばらくは売り買いが交錯し上値の重い展開だったが、前場中盤から日経平均は先物主導で大きく水準を切り上げる展開をみせた。前週末の米国株市場が休場で手掛かり材料に事欠いたものの、取引時間中は中国・上海株市場や香港株がかなり強い動きをみせたことで、これがマーケット心理を強気に傾けた。日経平均寄与度の高い値がさ株が先物絡みで大きく買われたほか、半導体関連株に買いが集まり全体相場を押し上げた。今週はETF分配金支払いに絡んだ売り圧力を警戒する声もあったが、実際は売り物が薄くスルスルと株価水準を切り上げた。東証1部全体の87%の銘柄が上昇する買い気の強い地合いだったが、全体売買代金は1兆8000億円台と閑散。インデックス売買中心で、海外機関投資家などの参戦が限られ商いは盛り上がりを欠いた。

 個別では、ソフトバンクグループ<9984.T>が断トツの商いをこなし上値指向を強めたほか、東京エレクトロン<8035.T>も活況高。ファーストリテイリング<9983.T>は一時2000円を超える上昇をみせた。ネクステージ<3186.T>がストップ高に買われ、サンデンホールディングス<6444.T>も大きく水準を切り上げた。ペッパーフードサービス<3053.T>、ディー・エル・イー<3686.T>も値幅制限いっぱいに買われた。ノーリツ鋼機<7744.T>が大幅高、アークス<9948.T>も物色人気。

 半面、キーエンス<6861.T>が冴えず、中外製薬<4519.T>も売りに押され、塩野義製薬<4507.T>も軟調な動き。シマノ<7309.T>も値を下げた。クラウディアホールディングス<3607.T>が急落したほか、エスプール<2471.T>も大幅に下落した。アイロムグループ<2372.T>、大幸薬品<4574.T>などが売られ、レオパレス21<8848.T>も軟調。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・6日>(大引け)=識学、スマレジ、川口化など
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位にペッパー
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で強含む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »