株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヴィンクスが続伸、国内有力証券は新規「A」でカバレッジ開始  7月06日13時53分

 ヴィンクス<3784.T>が続伸。岩井コスモ証券は3日、同社株の投資判断を新規「A」でカバレッジを開始した。目標株価は1500円とした。同社は富士ソフト<9749.T>の子会社で流通・小売業向けに特化しシステム開発を手掛けている。オープンPOSシステム「ANY-CUBE」はドラッグストア業界でトップシェアを獲得している。第1四半期(3~5月)は好調な滑り出しで、同証券では20年12月通期の連結営業利益は会社予想17億2000万円に対して18億円(前期比8.9%増)を予想。キャッシュレスやセルフレジ化が同社の追い風になるとみている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ツナグGHDが後場上げ幅拡大、WEB面接サービスとシステム連携を開始
<個人投資家の予想> 07月06日 13時
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率1.97倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »