株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スーパーVが21年2月期営業利益予想を上方修正  7月06日17時18分

 スーパーバリュー<3094.T>がこの日の取引終了後、21年2月期の単独業績予想について、営業利益を2億円から9億4500万円(前期9億2700万円の赤字)へ、最終利益を2億8400万円から6億9000万円(同23億400万円の赤字)に上方修正した。

 売上高は800億円(前期比4.4%増)の従来見通しを据え置いたものの、新型コロナウイルス感染症拡大の予防や緊急事態宣言による巣ごもり消費の需要などで、第1四半期の既存店売上高が同10.6%増となったことが貢献する。また、昨年11月より継続して取り組んでいる生鮮の利益改善や、グロッサリ及びホームセンターの在庫適正化による利益改善、緊急事態宣言などによるチラシ配布の削減なども寄与した。

 なお、同時に発表した第1四半期(3~5月)決算は、売上高219億4100万円(前年同期比15.9%増)、営業利益7億4400万円(前年同期3億1400万円の赤字)、最終利益6億3400万円(同2億9000万円の赤字)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
欧米(6日)の注目経済指標=米ISM非製造業景気指数
ヒマラヤの6月既存店売上高は2ケタ増で4カ月ぶり前年上回る
6日中国・上海総合指数=終値3332.8807(+180.0681)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »