株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヒーハイスト Research Memo(7):まずは安定した利益計上が先決  7月07日15時07分

■株主還元策

ヒーハイスト<6433>は株主還元策として配当を実施している。2019年3月期は年4.0円の配当を実施したが、2020年3月期は親会社株主に帰属する当期純損失を計上したことから無配とした。また2021年3月期の配当は現時点では未定としている。まずは安定的に利益を計上することが先決だろう。そのために、減損損失の計上によって資産をスリム化し、事業領域拡大の意図を込めての社名変更を行った。将来は利益の安定化に伴い配当も上げていく方針なので、今後の動向に注目かつ期待したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)




<NB>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »