株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NYの視点:米ISM非製造業景況指数パンデミック前の水準回復も雇用の伸び冴えず  7月07日08時03分

米供給管理協会(ISM)が発表した6月ISM非製造業景況指数は57.1と、3カ月ぶりに50を上回り活動が拡大した。経済活動の再開が奏功し、パンデミックで経済封鎖が始まる前の2月来の高水準に回復した。1カ月の上昇幅は1997年の統計開始以来で最大を記録。4月にはパンデミックによる経済封鎖が影響し、同指数は122カ月連続で拡大したのち急激に低下。低下幅は過去最大と記録している。

6月の全米の製造業や非製造業の結果が出そろったが、いずれも4月に底入れ後、経済活動の再開を受けて反動を証明した。6月ISM製造業景況指数は52.6と、予想外に50を回復し、2019年4月来で最高となった。製造業PMIは49.8と、50の回復はならなかったが5月の39.8から過去最大となる10ポイント上昇。サービス業PMI改定値は47.9と、速報値46.7から予想以上に上方修正され5月37.5から10.4ポイント上昇とやはり過去最大の上昇を記録した。

ISMのニーブ会長は声明で、回答者は依然最近のウイルス感染の拡大や暴動の拡大を懸念している中、ビジネスの再開が始まっていることで経済やビジネス状況に注意深く楽観的になっていると指摘した。ただ、雇用は43.1と4カ月連続で50を割り込み依然、活動が縮小している。5月の31.8から改善したものの6カ月平均の43.4や前年同月の55.2を大幅に下回ったままで懸念材料となる。雇用の伸びが停滞した場合、消費を抑制し経済の回復も遅らせる。

ゴールドマンサックスはフロリダ、テクサス、アリゾナ州のウイルス感染拡大で経済活動再開が遅れることを理由に成長見通しを引き下げ。2020年度の見通しで4.6%減と、従来の4.2%減からさらに下方修正した。第3四半期の見通しでは25%成長と従来の33%成長から下方修正したが、少なくとも戦後最大の伸びは維持すると見ているようだ。結局、FRBが指摘しているとおり、消費や景気はウイルスの行方次第となりそうだ。

■6月ISM非製造業景況指数:57.1(予想:50.2、5月:45.4)
企業活動/生産:66.0(5月41、6カ月平均51.6)
新規受注:61.6(41.9、51.4)
雇用:43.1(31.8、43.4)
入荷水準:57.5(67、61.5)
在庫:60.7(48、49.6)
仕入れ価格:62.4(55.6、54.9)
受注残:51.9(46.4、50)
新規輸出:58.9(41.5、48.1)
輸入:52.9(43.7、49.0)


■6月ISM製造業景況指数:52.6(予想:49.8、5月:31.8)
■6月サービス業PMI改定値:47.9(予想:46.9、速報値:46.7、5月37.5)
■6月総合PMI改定値:47.9(速報値:46.8)
■6月製造業PMI:49.8(予想49.6、5月39.8)






<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »