株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本空港ビルが反落、国内有力証券が投資判断を引き下げ  7月07日14時42分

 日本空港ビルデング<9706.T>が反落している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が6日付で、投資判断を「ホールド」から「セル」とし、目標株価を5200円から3350円へ引き下げたことが弱材料視されているようだ。

 同証券では、新型コロナの影響により、羽田空港の旅客数増加による利益成長のストーリーが後退しているとして、営業利益予想を21年3月期220億円の黒字から350億円の赤字へ、22年3月期を260億円の黒字から5億円の黒字に下方修正。今後、21年3月期の四半期決算やガイダンス発表などを受け、株価は22年3月期以降の業績回復の鈍さを織り込むと予想している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 07月07日 14時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位にSBG
OKウェイヴが続伸、明治安田生命にAIチャットボットを提供


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »