株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

HIOKIの第2四半期業績は計画上振れで着地  7月07日15時57分

 HIOKI<6866.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(1~6月)連結業績について、売上高が102億5000万円から106億7000万円(前年同期比9.0%減)へ、営業利益が11億7000万円から15億8000万円(同4.4%減)へ、最終利益が8億9000万円から12億4000万円(同0.6%減)へ上振れて着地したようだと発表した。

 新型コロナウイルス感染症の影響が計測器需要にも大きな影響が出ているものの、5G関連の設備投資の増加や中国経済の回復傾向などが追い風となり、計画を上回った。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
鳥貴族の6月既存店売上高は27%減
午後:債券サマリー 先物は反発、30年債入札結果は順調
東京株式(大引け)=99円安、利益確定売りに押されるも下げ幅は限定的


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »