株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ハッシュレート分析によるビットコイン妥当価格は9,179ドル【フィスコ・ビットコインニュース】  7月07日15時20分

ビットコイン(BTC)の価格予想を行う上で重要な要素のひとつにハッシュレートがある。ハッシュレートとは、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をマイニング(仮想通貨の新規発行や取引承認に必要となる計算作業)する際の速度を表すものである。具体的には、1秒間に何回計算が行われているかを示しており、ハッシュレートが高いということはマイニングを行う処理速度、つまり処理能力が高いということになる。ハッシュレートが高くなる要因にはマイニング参加者の増加が挙げられる。マイニングに参加、投資する参加者の増加率を確認できるという意味合いで、ハッシュレートは重要度の高いデータのひとつといえよう。

ハッシュレートは、長期的には継続して右肩上がりに推移している。過去1年半ほどの推移を見ると、2019年1月11日時点の41,336,683 TH/Sから2020年6月30日時点では123,413,264TH/Sと、約3倍に増加している(Blockchain.comより)。5月12日に半減期(マイナーへの報酬として新規発行されるビットコインの量が半減するタイミング)を通過した後で一時ハッシュレートは低下していたが、足元では5月11日時点の水準を回復した。

ハッシュレートとビットコイン価格の相関係数を見たところ2017年、2018年、2019年と年によってバラつきがあるためあまり参考にはならない一方で、暗号資産業界の関係者の中には「ハッシュレートがビットコインの下値サポートラインに関係する」と見る向きもある。足元のハッシュレート水準から分析すると、ビットコインの妥当価格は9,179ドルとなり、現在9,200ドル台で推移するビットコインは妥当と考えることもできよう。

なお、12日にビットコインは史上3回目の半減期を無事に通過した。半減期を境として、マイナーは獲得できるビットコインの量が半分になることから、マイニングへの参加率や関心度が現れるハッシュレートの半減期前後の動きに注目が集まっていたが、今のところマイナーの大きな離脱は見られていない。半減期後のハッシュレートと市場動向については、引き続き注目したい。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »