株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY為替:ウイルス感染拡大を懸念してリスクオフ  7月08日06時52分

7日のニューヨーク外為市場でドル・円は107円72銭から107円50銭まで下落して107円53銭で引けた。新型ウイルス感染拡大懸念がくすぶり、米債利回り低下に伴うドル売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは1.1307ドルまで上昇後、1.1269ドルまで下落して1.1274ドルで引けた。欧州委員会が2020年の域内経済を下方修正したほか、ドイツの5月鉱工業生産が予想を下回ったためリセッションの深刻化を警戒したユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は121円72銭まで上昇後、121円18銭まで反落。ポンド・ドルは1.2519ドルから1.2592ドルまで上昇。英国と欧州連合(EU)の離脱交渉担当官の非公式夕食会を控えまた、英国の財政支援策への期待にポンド買いが優勢となった。ドル・スイスは0.9430フランから0.9409フランまで下落した。



<MK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »