株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

NY株式:NYダウ396ドル安、ウイルス拡大への懸念が存続  7月08日07時00分

米国株式相場は反落。ダウ平均は396.85ドル安の25890.18ドル、ナスダックは89.76ポイント安の10343.89ポイントで取引を終了した。感染が落ち着いたニューヨーク州やニュージャージー州が他州からの旅行者に対する一定期間の隔離要請を拡大する方針を示したことなどを受けて新型ウイルス拡大への懸念が強まり、下落で寄り付いた。その後ハイテク株を中心に上昇する場面もあったが、利益確定の売りで下落に転じ、引けにかけて下落幅を拡大した。セクター別では、銀行やエネルギーが大きく売られた一方で、食・生活必需品小売が買われた。

製薬会社のノババックス(NVAX)は米政府が実施しているウイルスワクチンや治療薬の迅速な開発・製造を支援するプログラム「オペレーション・ワープ・スピード(OWS)」の対象企業のひとつに選出され16億ドルの助成金を得たと発表し急伸。小売り大手ウォールマート(WMT)はアマゾンプライムに対抗するような会費制サービスを開始すると発表したほか、アナリストの目標株価引き上げが好感され急伸した。ソーシャルメディアサービスのスナップ(SNAP)は、米国政府が国家安全保障問題から同社の競合である中国の人気動画投稿アプリ、TikTokの排除を検討するとの報道を受けて上昇した。一方で、大手航空ユナイテッド航空(UAL)はウイルス感染拡大に伴う今夏の旅行需要の低迷で、秋以降の人員削減に言及したことが嫌気され下落した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長はインタビューで5月、6月に景気回復が始まった兆候が見られるとしながらも、「経済の軌道はウイルスの状況次第」で必要とあればまだできることはあるとした。

Horiko Capital Management LLC



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »