株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

KG情報は続落、20年12月期業績予想を営業赤字に下方修正  7月08日14時02分

 KG情報<2408.T>は続落している。7日の取り引き終了後、20年12月期の連結業績予想について、売上高を26億7300万円から19億7200万円(前期比20.1%減)へ、営業損益を1700万円の黒字から3億4900万円の赤字(前期2億2800万円の赤字)へ、最終損益を1500万円の黒字から3億7800万円の赤字(同3億1700万円の赤字)へ下方修正したことが嫌気されている。

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化かつ深刻化していることで、求人ニーズが大きく低下し、広告料収入が減少しているほか、人材紹介・派遣サービスともに計画を下回った。また、転職者向けイベント・就職セミナーなどの開催が延期・中止となったことも響いたという。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(19年12月21日~20年6月20日)決算は、売上高9億7200万円(前年同期比25.3%減)、営業損益2億2500万円の赤字(前年同期6500万円の赤字)、最終損益2億6500万円の赤字(同4800万円の赤字)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
TOPIX浮動株比率見直しで不二家などに注目、30日引けに需要◇
しまむらがは堅調、国内有力証券が目標株価を引き上げ
Genkyが続伸、クレジット機能付きポイントカードを開始◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »