株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=リンテック、電子・光学関連牽引し中期好成長へ  7月08日10時01分

 リンテック<7966.T>は中期成長力への評価から3000円台の活躍が期待できそうだ。

 21年3月期は、新型コロナウイルス感染症の影響で、営業利益は150億円(前期比2.9%減)と減益を予想する。訪日客の減少による家電製品や化粧品などのラベル需要の減少やウインドーフィルムを手掛けるグループ会社の米マディコ社の収益悪化などが懸念されることが要因だ。

 ただ、半導体関連粘着テープが20年第3四半期以降回復に向かっているほか、5G関連用途を中心に積層セラミックコンデンサ(MLCC)用コートフィルムなどの収益拡大が期待できる。これら電子・光学関連が牽引役となり、21年3月期は上振れの可能性もある。また、22年3月期以降は再び増益基調に転じるとみられており、これら中期的な成長期待を背景にした先高感は強い。(仁)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
サムコが続急騰、好決算先取りの買いで19年ぶり上場来高値更新
メガチップスは反落、21年3月期営業利益予想を上方修正も材料出尽くし感
エルテスが4日続伸、「ネット中傷解決くん」の提供を開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »