株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

DMMビットコイン、「スマホでスピード本人確認」の提供を開始【フィスコ・ビットコインニュース】  7月09日13時25分

DMMグループ傘下で暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するDMMビットコインは8日、新規口座開設の申込から最短で当日に取引が可能となる「スマホでスピード本人確認」の提供を開始すると発表した。

これまで同社の暗号資産取引サービスの新規口座開設は、郵送物(認証コード)の受け取りが必要だったが、『スマホでスピード本人確認』では、口座開設時の本人確認がスマートフォンアプリを利用したオンラインで完結となり、新規口座開設の申込から最短当日に取引が可能になるとしている。サービスは、2020年7月15日の週次メンテナンス後の18時より開始するもよう。

暗号資産取引所の本人確認をめぐっては、ビットフライヤーが昨年12月24日、「クイック本人確認」の提供を開始すると発表。また、同月25日にはフォビジャパンが「かんたん本人認証」を導入したと発表した。ほか、マネックスグループ<8698>の子会社のコインチェックも今年1月29日、「かんたん本人確認」の提供を開始したと発表。インターネットイニシアティブ<3774>を筆頭株主とするディーカレットも、今年2月22日より、「スマホで本人確認(eKYC)」を導入し、運用を開始している。3月26日には、ビットバンクが「スマホで本人確認」の提供を、3月30日には、BTCボックスが「スピーディー本人確認」の提供を開始すると発表している。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »