株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:BASEは大幅続伸、海帆が急落しストップ安  7月10日17時13分

<9876> コックス 273 +12
6日ぶり反発。東証が10日から信用取引規制を解除し、買い材料視されている。コックス株は前日まで、信用取引による新規の売付及び買付に係る委託保証金率を70%以上(うち現金40%以上)とする規制措置を受けていた。日証金も増担保金徴収措置を解除している。

<4499> Speee 5720 -
公開価格(2880円)を78.8%上回る5150円で初値を付けた。主な事業はデータ資産を利活用したマーケティング活動支援など。20年9月期の営業利益予想は前期比197.5%増の5.89億円。企業のマーケティング活動のデジタル化を支援するMarTech事業やテクノロジー活用で変革を推進するX-Tech事業が伸長すると見込む。第2四半期累計の実績は5.20億円で、進捗率は88.3%。

<4477> BASE 6530 +380
大幅続伸。同社のEコマースプラットフォーム「BASE」がSaaS製品の開発を手掛けるDeepValley(東京都港区)のアパレル生産マネジメントツール「AYATORI」とサービス連携すると発表している。BASE加盟店はオリジナルのアパレル商品を製造したり、海外で仕入れたアパレル商材を低価格で購入したりできるようになる。また、BASEを利用する店は7月に110万ショップを突破したという。

<3133> 海帆 412 -80
急落しストップ安。20年3月期決算で債務超過となったため、上場廃止に係る猶予期間入り銘柄になったと発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響で来客者数が減少したほか、一部店舗の臨時休業や営業時間短縮を実施した結果、売上高が落ち込んだ。また、固定資産に係る減損処理を行ったことも響き、同期は純損益が6.95億円の赤字、3.14億円の債務超過となった。猶予期間は4月1日から22年3月31日までの2年間。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »