株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

昭和産 Research Memo(9):配当性向30%程度を目標とし、長期的、安定的な配当の継続を図る  7月10日17時19分

■株主還元策

昭和産業<2004>は経営基盤の充実と財務体質の強化を通じて企業価値の向上を図るとともに、株主に対する安定的な配当を継続しながら株主への利益還元を積極的に実施している。この方針のもと、2020年3月期実績は1株当たり年65円の配当を実施した。期初計画の年60円(上期30円)から増額修正しており、配当性向は30.0%となる。また、2021年3月期については前期同様に、年65円(上期30円)を計画しており、配当性向は31.2%となる。なお、「中期経営計画20-22」では、配当性向30%程度を目標とし、長期的、安定的な配当の継続を図ることとしている。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)



<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »