株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=ランサーズ、“副業・兼業”解禁の動きも追い風  7月10日10時00分

 ランサーズ<4484.T>が中長期的な仕込み局面を迎えている。同社は、企業とフリーランスを仕事でマッチングさせるプラットフォーム事業を運営しており、昨年12月に東証マザーズに新規上場した。21年3月通期の業績予想は未定だが、公表された第1四半期(4~6月)の営業損益は6000万円の赤字の予想。これは、前年同期の2億7000万円の赤字から損失幅が大きく縮小するものだ。新型コロナウイルスの影響でクライアントの経済活動縮小が影響するものの、1~3月期から続く取引単価のアップが業績に寄与する見通し。今期は業績の急速な改善が見込める。

 会社員の副業・兼業がルール化され解禁の流れにあることも追い風。インターネットを通じて単発で仕事を請け負う「ギグワーク」関連株として注目度は高い。(れい)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
BASEが大幅続伸で連日の上場来高値、「AYATORI」とサービス連携で新局面
コックスは6日ぶり反発、東証が信用取引に関する臨時措置を解除
ヤマザワが大幅反発、スーパー事業好調で21年2月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »