株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

今週のマーケット展望「安川電機、米決算発表、中国GDPに注目」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)  7月13日10時10分

皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。

コロナの感染者がまた増えてきて、心配されますね。夏のイベントも中止でちょっと寂しいですが、お家で涼みながら、引き続き気をつけていきましょう!そんななか、今朝のマーケットは日経平均が大きく反発して始まっています。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、7月13日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。


まず広木さんは、『週明けの日本市場の注目は安川電機<6506>の反応だ』と言及。『先週末発表した2020年3〜5月期の決算は、営業利益が前年同期比22%減の62億円だった』として、『主力のモーター事業が次世代通信規格「5G」や半導体関連向けに堅調で市場予想平均(QUICKコンセンサス)の34億円を上回った』と伝えています。中でも『特に注目されるのが業績の先行指標となる受注額。前の四半期と比べて1%減にとどまった。中身を見ると売り上げの2割強を占める中国は57%増と急回復した』と説明。

そして、『週明けの東京市場は安川電機だけでなく同業のFA各社から中国関連の景気敏感株へ買いが波及するだろう』と広木さんは予想しています。

一方、米国については『今週から4〜6月期の決算発表が本格化する。月曜日のペプシコを皮切りに、シティグループ、JPモルガン・チェースなどの金融機関の決算が続く』と伝えています。特に『注目は16日、現地時間引け後のネットフリックスの決算だ』として、『巣ごもり消費の中心的銘柄で連日史上最高値更新が続いてきただけに決算が利益確定売りのきっかけになりやすいので注意したい』と指摘しています。

また、『同じく16日には中国の4〜6月のGDPが発表される』とし、『1~3月の成長率は新型コロナの影響でマイナス6.8%と四半期データをさかのぼれる1992年以降で初のマイナスだったが、4〜6月はプラス成長に戻ると見られている』と解説。さらに『この日は中国の統計発表集中日でGDPのほかにも6月の工業生産や小売売上高なども発表になる』とも伝えています。

続けて、『中国は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えこみ、先進国に先駆けて成長軌道に戻りつつある。V字回復を好感して中国株が一段高となれば日本株相場にも追い風となるだろう』と考察しています。

日本株については、『4〜6月期の決算発表を受けてアク抜けして上放れというのをメインシナリオにしているが、今週あたりからその助走を始めるのではないか』と予想。

その理由は『1)上述した通り中国景気回復が日本企業の業績に好影響を与えていることが確認されつつあること、2)ETF決算に絡む分配金捻出の売りもピークを過ぎ、需給的には軽くなること、3) 13週移動平均線が26週移動平均線を上回るゴールデンクロスを示現しテクニカル的に強気が増えそうなこと』だとしています。

最後に、今週の予想レンジは『2万2000円~2万2700円とする』と示唆しています。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »