株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=急反発、新型コロナ薬期待の米株高受け買い戻し  7月13日11時44分

 13日前引けの日経平均株価は前週末比386円44銭高の2万2677円25銭と急反発。前場の東証1部の売買高概算は6億2463万株、売買代金概算は1兆833億7000万円。値上がり銘柄数は1933、対して値下がり銘柄数は206、変わらずは30銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は主力株をはじめ広範囲に買い戻される展開となり、日経平均は一時400円を超える上昇をみせる場面があった。前週末の米国株市場では新型コロナウイルスの治療薬やワクチン開発に対する期待感から主要株指数が大きく上昇しており、ナスダック総合指数は史上最高値を更新。前週末にETFの決算に伴う分配金捻出の売りで水準を切り下げた日経平均はその反動もあって大きく切り返す展開となっている。

 個別ではソフトバンクグループ<9984.T>が大商いで上値追い、ソニー<6758.T>も物色人気。トヨタ自動車<7203.T>も買われた。ファナック<6954.T>も高い。ノムラシステムコーポレーション<3940.T>がストップ高に買われる人気となり、エスクロー・エージェント・ジャパン<6093.T>も商いを伴いストップ高寸前まで上昇する場面があった。半面、東京エレクトロン<8035.T>が利食い売りに押され、安川電機<6506.T>も軟調。中外製薬<4519.T>も値を下げた。システムインテグレータ<3826.T>が大幅安、ニイタカ<4465.T>はストップ安に売り込まれた。オープンハウス<3288.T>も大幅安。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ニイタカがS安、21年5月期は2ケタ営業減益を予想
ソニーが8000円大台復帰、ゲーム関連と半導体関連の2つの切り口で注目度高まる
SIが急落、第1四半期は増収増益も上期計画に対する進捗率は21%


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »